城宝ブログ

【CSRの取り組み…

テーブルクロスの城宝です。
今回はやや長いブログになりましたが、論文を書くのも好きなので久しぶりに問題提起をしてみました!
CSRの取り組みは企業単位で取り組んでいて当たり前だ!という私たち日本人。
CSR=ボランティアや寄付のイメージが強い人はどのぐらいいるのでしょうか。
近年では、様々なCSR活動のカタチが生まれてきました。
企業が継続できているのもこの街があるおかげなので地域のごみ拾いをして街を綺麗にしよう
こどもたちの夢や未来への後押しをするために途上国に学校を建設しよう
環境改善をするために植林をしよう
このように、企業は利益のなかの一部を、社会貢献活動、つまりCSR活動にあてるという考え方が浸透しているように思います。
テーブルクロスを立ち上げてから様々な企業とお話しをするなかで、企業自体が、社会やステークホルダーと言われる消費者、従業員、株主、仕入先、地域社会、行政などに対して果たすべき責任について見つめ直しているように思います。
企業は利益を求めて活動する組織。
価値のある商品を消費者に提供し、その対価として得たお金で従業員を雇用。株主への配当や国へ税金を納めるなど、営利活動によって社会に貢献しています。
でも、私が少し疑問なのは
景気が悪くなり企業の利益が減少した場合、企業の利益を生まない社会貢献への取り組みはどのようになってしまうのだろうかという点です。
私は、7年前にアメリカのフロリダへ行きましたが
そこで見た光景は、今のビジネスをする上で大きな影響を及ぼしています。
高校1年生で訪れたアメリカフロリダ州オーランド
社会課題を解決するために立ち上げた組織が、利益をきちんと創造しながら社会貢献をしていました。
地域のママさんたちが中心となった、チアリーディングを応援する組織であっても、
海岸のごみ拾いをする組織であっても、
こどもたちの教育環境を最大限に整えるための組織であっても、
補助金をもらうことはせずにきちんと利益の創造を行ったうえで社会貢献をしている。
私自身、小さな頃から図書館のボランティアスタッフや、街のごみ拾い活動などに参加してきたことから、社会貢献活動はボランティア活動だとばかり思っていましたが、そうではない。
同時に、企業が事業を運営した利益の一部は、社会貢献活動、CSR活動のために寄付することが当たり前だとばかり思っていた。
しかし、アメリカに行き、価値観がガラッと変わりました。
本当に社会課題を解決させるために、一番必要なことは継続・存続させることで、利益の創造と社会貢献を同時に実現することだ、と。
そして、CSR活動は寄付をするだけの単発な関係ではなく、
社会貢献活動自体から利益を創造する仕組み作りを行うことの方が
今後100年後の日本をつくりあげるにあたり重要なことなのではないか、と。
社会課題を解決するために、その現状を知った人が気軽に関わり、
ライフワークのなかで継続的な支援を行うことができる方が課題解決に繋がるのではないか。
そんなことを、高校1年生の私は考えていました。
このような状況を解決するのがテーブルクロスという商品です。社会問題の問題に取り組むブランドについて、私たちが消費者という立場から飲食店へ予約をすることで、予約が企業への利益をもたらすことになり、その利益の中から社会問題の解決のためにお金が使われる。
このような一連の行動が同時に実現でき、その結果、テーブルクロスブランドはビジネスもチャリティも成立させられることになるのです。
企業の利益を期待する株主、従業員など消費者以外のステークホルダーからも支持が得られ、企業が社会問題に取り組むことを後押しすることにつながるのです。
2015年1月。
その想いが、まさか「CSV」という
Creating Shared Valueという概念であるということを知るまでコトバになっていませんでしたが、ハーバル大学マイケルポーター教授が提唱した概念こそ、今私が日本で文化として広めていきたい考え方だと思っています。
CSRは、
企業の事業で生まれた利益の一部を社会貢献活動にあてるという考え方。
CSVは、
企業の事業自体のなかで社会貢献活動も含む構造にしているという考え方。
まさに、利益の創造と社会への貢献が同時に実現できる文化こそ、私がつくりたい社会。
もともとこどもたちに思い入れがあってはじめた社会貢献型グルメアプリ「テーブルクロス」には、今、大きな夢と期待が詰まっています。
こどもたちの夢や目標を一歩後押しする環境を創りたい。
この想いに共感する方々の出会いに恵まれ、今では大きなビジョンを乗せています。
世界には困っている人たちがたくさんいます。その人たちの状況に「待った」はありません。企業に勤める社員の中で、企業はもっと社会問題に取り組むべきだと考える人がたくさんいます。
しかし、多くの企業は「チャリティ」への取り組みと、利益を創造しなければならない「ビジネス」の狭間で試行錯誤しています。
ビジネスとチャリティを両立するテーブルクロスの商品を応援し、社会問題に積極的に取り組む企業を増やすこと。それもまた私たちができる社会問題への解決行動の一つなのではないでしょうか。
今後も積極的にメディアで発信していきたいと思います!
城宝ブログ

【テーブルクロスメ…

テーブルクロスの城宝です。今週は桜が見頃になってきましたね!しみじみと春を感じている今日この頃です。

さて、みなさんは先日公開されたこちらの動画はご覧になられましたでしょうか。
テーブルクロス×提携支援パートナーが合同で行う現地の支援活動が伝わると思います。

★株式会社テーブルクロス紹介Movie★

『継続的な支援』がどうあるべきか、どのようにCreating Shared Valueを体現化していくかを日々模索していますが、私のなかでは徐々に答えが見えてきたようにも感じています。2011年、ハーバード大学のマイケルポーター教授が提唱したCSV(共通価値の創造)という概念が少しずつかたちになっています。
CSVについては、当時卒業論文で書かせていただき、その一部がオルタナにも掲載されていますのでこちらを参照ください。

CSV起業家

このビジョンに共感したメンバーが月に2〜3人ずつジョインしていますが全て会社のお問い合わせページから。
現在も募集しているので、もし一度面談希望のかたはぜひ城宝宛に連絡ください^^

その他、今月もイベント開催しておりますのでぜひチェックしてみてください
https://tablecross.com/wp/angelclub/

アプリのダウンロードはこちら→http://tablecross.jp:8081/client-api/shareFriend?shareType=1&refUserId=7933

お店の掲載登録はこちら→https://business.form-mailer.jp/fms/76f7c05935893

 

 

城宝ブログ

【2018年2月1…

こんにちは、テーブルクロスの城宝です^^
2018年2月19日の日経新聞「20代の起業という選択肢」というテーマにて掲載いただきました!
S__35209232

年明けの2018年1月には読売新聞への掲載をいただき、そして今月2月は日経新聞へとこうしてメディアとのご縁もいただき感謝しております。

26903963_1533613050027562_3490932544505082639_n

 

学生起業だったということもあり、正直、経営資源と呼ばれる「人」「物」「金」「情報」全てを持ち得ないままスタートしたテーブルクロスです。私のなかで経営とは「自己表現の場」だと思っており、少しずつですがようやく自分の描く社会を表現し始めていると最近感じています。
応援をエネルギーに替えて、今日も全力で頑張りたいと思います^^

引き続きよろしくお願いします!

城宝ブログ

【近況報告 by.…

こんにちは!
テーブルクロスの城宝です^^
新年明けましておめでとうございますと言ったと思いきや、あっと言う間に2月を迎えましたね。
今日は年間のプロモーション計画を打ち合わせていたのですが、このままだと1年が一瞬で過ぎ去ってしまいそうです。
さらに実は今月、アプリのリニューアルを控えておりまして弊社はバタバタ、ザワザワしております!
半年前から社内の開発チームは全員外国人メンバーとなり初のリニューアルです。iOS版からリリースさせていただく予定です。
5期目を迎える準備を着々と進めておりますので、ぜひ皆様お楽しみにお待ちくださいね。

ちなみにですが、あまり公開はしたくないのですが私のスマートフォンのトップの写真を載せます。
注目すべき箇所は、右上のテーブルクロスの新アプリアイコンです!!!
S__34881618
先日はインタビューのときに「20代の女性社長のトップ画面を見せてください!」という唐突な質問があり躊躇していたのですが私のスマートフォンはこんなアプリをメインに置いていますw

話は変わりますが、最近では関東を中心に大学支部を作る計画が進んでおり「筑波大学」「青山学院大学」のメンバーがオフィスに来たり、営業部の採用を一気に進めている関係で会議室が面談で埋まっていたりと賑やかなオフィスになってきました。

創業当時、私は大学3年生で扶養に入っていたこともあり所得証明が出せずにオフィスの審査に落ち続けていた思い出があります。
ようやく拾ってもらえたのが今のオフィスのオーナーさんでした。
当時からするとだいぶ広い100平米のオフィスを借りたのですが、今ではもうすぐ狭くなるこのオフィス。最後の最後まで、空きスペースの地べたを使ってでも!?このオフィスを最大限に有効活用して次のオフィスへ移動したいと思います^^
(こんなブラックジョークを言ってたら本当に信じてしまう新メンバーもいるので静かにしておきますね。。。)

でも、こんなにメンバーが増えたのはこの半年の話。確かに全体が一気に成長していると思うし、こうやって勢いよく事業を拡大していくことが楽しい反面、責任が大きくなる重みを感じている毎日で、正直新年が明けた1月は創業以来初めて心が折れました。(10日間ぐらい毎日泣いてたかも。本を読んでも、映画を見ても、人のブログを読んでも、何をしてもあの時は泣けたなぁ〜。)
公に文章を載せることではないかもしれないんですが、自分に本当に自信が無くなって、自分が信じれなくなって、不安でしょうがなくてたぶん泣いていたんだと思います。ただ、もうひとりの会社じゃないんだということ、一番大事にしたいことは何かということを再度考える良い機会になったなと個人的には思っています。
そして、テーブルクロスはひとりでは決して作れなかったということ、今の仲間をもっと大事にしたいという気持ちが大きくなりました。涙あり、笑いありの愛ある組織を作りたいと、そう思えるようになりました。今もこの文章を書いていて1カ月前の孤独な感情を思い出しそうで泣きそうなんですが、良い経験をさせてもらったので思い出に書き残しておきたいと思います!
これから思いの強いメンバーがたくさん募って、この大きな船を前へ前へと動かしていくと思いますが、私たちは日本の寄付文化を改革するところまで遣り遂げたいと思っています。そして、私はもうひとりでは出来ないので多くのメンバーと一緒にビジョンを達成していきたいなと改めて感じた今日この頃でした。
メンバーはそれぞれ家族がいて、こどもがいて、大事にしたいものがたくさんある人生を送っていると思いますがそれ以上に、今私たちには何ができるかということも合わせて考えていきたいな。
1月に泣きまくっていたなかでそれでも頑張ってニコニコしながらプレゼンをしていたときが正直一番辛かったですが、今は泣きながら笑えるようになったので城宝はこれからももっともっと成長できそうです!これだけ責任ある環境に身を置けることに感謝!
株主をはじめ応援者が増えてきたテーブルクロスというビックプロジェクトは、今後も最大限に攻めた戦略をこれからも取っていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします^^

城宝ブログ

【2018年は何の…

明けましておめでとうございます。
テーブルクロスの城宝です。
年末は会社の大掃除をして、忘年会で幕を閉じた私たちです。
S__34390034

そして、私、城宝は、新年は親戚一同神戸で2018年を迎えました。
S__34390025初詣にもきちんと行き、今年も健康で、より多くのこどもたちに給食を届けられるように祈願。
それだけでなく、今年テーブルクロスでは多くのスタッフを迎えるにあたり、全力で攻めきれるように手をあわせてきました。
せっかく一年を過ごすのであれば、悔いが残らないように。そして、今、私たちにしかできないことができるように。
初心を忘れずに、今年も一年走り切りたいと思います!

実は、年末の大掃除の最中、、、、
加盟店のみなさん、パートナー企業のみなさん、ファンクラブのみなさん宛に、普段私たちが一体となって給食支援をしているこどもたちの写真を送らせていただきました!配送作業の関係で、少しタイムラグがあるかもしれないのですが、お手元に届きましたらぜひご覧くださいね^^

次回、こどもたちに会いに行くツアーも新年早々企画しております。
2017年11月の次は、2018年5月です。

加盟店様、パートナー企業様をはじめとして、一般公開のツアーとなりますのでぜひチェックしてみてください!
詳細:https://peraichi.com/landing_pages/view/tablecrosstour

S__34390032
S__34390028
S__34390030
来月で10万食の支援を突破する私たちですが、今年は100万食の支援を目指して邁進したいと思います。
それでは、2018年スタートです^^

城宝ブログ

【関西圏の方必須。…

ボランティア、NPO、企業市民活動を支えるNPO「大阪ボランティア協会」

メリークリスマス!テーブルクロスの城宝です。
2017 Christmas 皆さんどのようにお過ごしでしょうか?
街に繰り出せば例年に増して綺麗に見えるイルミネーションが私のテンションをあげています。
それ以上に気になっていることは、弊社でインフルエンザが流行していること。
そんななか私はかなり元気で体力が有り余っている今日この頃です。みなさん手洗いうがいは全力でしましょう。
テーブルクロス社は本年は27日までの営業となっております。残り2日フル稼働していきます。

さて、今回は「大阪ボランティア協会」さんが発行する「ウォロ」誌(http://www.osakavol.org/volo/index.html)にてテーブルクロスを掲載いただきました。
大阪で11月15日に開催されたイベントの写真も掲載いただいております^^

 

スクリーンショット 2017-12-25 10.46.02

スクリーンショット 2017-12-25 10.45.42

詳細:http://www.osakavol.org/volo/e-book/volo201712_516d.pdf

今年2017年、私のブログはこちらで最後になると思います。
本年もみなさまには大変お世話になりました。
正直、今年の年明けは月間500食程度しか給食を届けることができていなかったのですが、半年ぐらいで月間1万食の給食が届けられるだけに成長し、直近はさらに事業成長しています。ようやくスタートラインに立てた気がします。
今待っているこどもたちのためにも、2020年には年間4000万食の給食支援をすることが、今のテーブルクロスが掲げるひとつのミッションです。ここに向かって2018年はどこまで成長できるか、私自身とても楽しみです。
最初は、ひとり、ふたりで始めたテーブルクロスですが、今はひとりのビジョンではないなとつくづく感じます。
飲食店オーナーさん、パートナー企業さん、文化普及のファンクラブのみなさん、様々な関わり合いがあり、途上国のこどもたちへ1食の給食を届けることができています。
来年はさらに多くのこどもたちに給食を届け、さらにチャリティ予約文化を広げていくにあたり様々なプロジェクトを用意しています。ブログでも近況を更新していきたいと思いますので引き続きよろしくお願いします。

城宝ブログ

【今月も様々な場所…

テーブルクロスの城宝です^^

今月も様々な場面で講演の機会をいただいております!

ダイジェスト版でまとめましたのでご紹介させていただきます。

新宿区地域クラウド交流会

S__33783822
サイボウズが公式企画をしている交流会。新宿区の企業が集まりビジネスマッチングを目的として交流を深めました。ここでも弊社のパートナー企業が見つかり、事業の成長に繋がりました。

柏地域クラウド交流会

S__33783821
千葉でのネットワークを広げたいと思っていたときにいただいたご縁です。柏市の企業が多く集まり交流を深めることが出来ました。これを機に千葉での展開も力を入れていきたいです。

ホロス2050未来会議

S__33783819
デジタルハリウッド大学にて「シェアリング」をテーマにしてパネルディスカッションさせていただきました。デジタルハリウッド大学教授の橋本さん、クラウドファンディングで有名な株式会社マクアケの中山社長、ありがとうございます。

詳細:http://holos2050.jp

寄付月間

S__33783817
12月が寄付月間ということをご存知でしょうか。#寄付月間 を普及するためのイベントも全国各地で開催さてれいます。

S__3378381812月1日には、三菱総合研究所の小宮山理事長、コモンズ投信の渋澤会長、ジャーナリストの堀潤さんとパネルディスカッションをご一緒させていただきました。ありがとうございます。

詳細:http://giving12.jp

大阪VEC(venture enterprise center)

S__33783816
大阪ではベンチャー支援の機関が熱いです。そのひとつ、VECと呼ばれる団体でお話しさせていただきました。

2018年に向けてカウンドダウンが始まりましたね。年内もラストスパート頑張りましょう^^ 

城宝ブログ

【アンコールチョム…

こんにちは!テーブルクロスの城宝です。
今月11月はカンボジアまで給食支援の視察へ行ってきました!

今回訪れたのは、シェムリアップから片道2時間以上行ったアンコールチョムという村にあるスレイクワウ小学校というところです。実際に行われている給食をこの日はスタッフ一同で作るために、市場で食材を調達するとろこからみんなで仲良くお昼ご飯を食べることがミッションでした。

一連の様子をご紹介しますね^^

<食材を市場で仕入れる>

2017-11-26 17.53.43

100名分の食材を調達中。

物価は、100名分の玉ねぎ、にんじん、鶏肉、かぼちゃ、カレー粉、ココナッツミルクを仕入れてもだいたい3,600円程度でした。

<スタッフ一同で給食作り中>

2017-11-26 17.53.58

車がパンクするんじゃないかと内心心配でしたが、道無き道を2時間進んで無事学校に到着。すぐに給食作りをはじめます。

今回のレシピはカンボジアカレー。まな板も包丁も日本とは全く違うもので、まな板は自然からとってきた木でした。

100人分の給食を作るためにたくさんの玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、かぼちゃ、鶏肉を切りました。

<給食配給中の様子>

2017-11-26 17.55.26

どこの国でもこどもは一緒。喧嘩をしないように一列に並んでもらい、ひとりひとり手渡しで給食を配ります。

<みんな笑顔いっぱいお腹いっぱいの給食>

2017-11-25 22.16.38

2017-11-25 22.16.09

2017-11-25 22.16.06

みんなでお腹いっぱいお昼を食べました^^

だいたい、給食の準備をして、配って、食べて、片付けるまで4時間程度!

こどもたちとめいいっぱい遊びつつ、クメール語も教えてもらったり、日本語を教えたりする時間を過ごしました。

<最後にみんなで集合写真>

2017-11-24 14.27.59

年に2度行っているスタディーツアーですが、今年の5月に引き続き11月もカンボジアへ来ることができました。

やっぱりこどもたちは元気満々!私たちの方がたくさんの元気をもらった1日でした!

まだまだ、食事を作るお水は雨水で濁っていたり、衛生面の課題もたくさんありますが、まずは給食目当てに学校へ通ってきてくれることが何よりだと感じています。

今後も国内、国外連携してひとつずつ課題を解決していきたいと思いました!

城宝ブログ

【テーブルクロス講…

こんにちは。

チャリティ予約文化普及拡大委員の城宝です。

文化普及にあたり直近でも様々な場所で講演の機会をいただいています。本当にみなさまありがとうございます!

こちらに公開しているイベントは一般参加可能となりますので、ご都合よろしければご参加ください☺☺

F6AB0241-A1B8-4817-AA9E-ADDDB055F1EF

チャリティ予約文化普及にあたり、今月と来月でSNS投稿を促進しています。

【#チャリティ予約】【#1万人サンタ】でぜひ投稿してみてください!

 

テーブルクロス講演会、登壇イベント情報

【東京新宿】11月15日(水)19時~

第1回新宿区地域クラウド交流会
起業家の応援を通じて地域活性化
https://www.facebook.com/events/786155658232021/?ti=icl

【東京国際フォーラム】11月18日(土)16時~
日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017
ゆとり世代が描くにっぽんの将来

分科会プログラム詳細

【神戸三ノ宮】11月20日(月)11時~
神戸三ノ宮テーブルクロス説明会
https://www.facebook.com/events/180172722531792/?ti=icl

【大阪梅田】11月21日(火)11時~
大阪テーブルクロス説明会
https://www.facebook.com/events/520160315000764/?ti=icl

【千葉柏】11月22日(水)19時~
第3回柏地域クラウド交流会
起業家の応援を通じて地域活性化
https://www.facebook.com/events/274232116412547/?ti=icl

【東京デジタルハリウッド大学】11月30日(木)19時~
第6回ホロス2050未来会議
第6章 ポストマネー、ポスト近代/SHARING~デジタル社会主義に国家は出てこない~
http://holos2050-1706.peatix.com/

【東京四谷】12月1日(金)11時~
東京テーブルクロス説明会
https://www.facebook.com/events/380427475710683/?ti=icl

【東京大学】12月1日(金)18時半〜
寄付月間2017シンポジウム

【大阪本町】12月4日(月)18時〜
ベンチャーエンタープライズセンターVEC

【滋賀長浜】12月6日(水)6時〜
湖北倫理法人会

【滋賀彦根】12月6日(水)12時〜
滋賀テーブルクロス説明会
https://www.facebook.com/events/140491523375479/?ti=icl

【滋賀大津】12月8日(金)6時〜
大津倫理法人会

 

最近は月18〜20本、年間200回の講演をさせていただいております。

ご参加ご希望の方は、以下までお問い合わせください。

連絡先:info@tablecross.com

城宝ブログ

【ドコモ・ イノベ…

先日10月17日にドコモ・イノベーションビレッジさんにて講演させていただきました。

スクリーンショット 2017-10-30 18.08.56

ドコモ・イノベーションビレッジイベント詳細
http://www.nttdocomo-v.com/div/event/549/

テーマは、こちら。
・CSVビジネスとは
・CSVビジネスと企業IRとの違い
・日本国内のCSVビジネスとその事例
・テーブルクロスの歴史と起業した背景
・テーブルクロスの今後の展望

スクリーンショット 2017-10-30 18.11.06

今回の参加者は、大企業の方をはじめ、ベンチャーとの協業を模索している企業様、CSVを個人的に研究している方など、様々なジャンルの方が集まっていました。講演会終了後、次のご縁に発展があり、とても素敵な機会をいただき本当に感謝しております。

今後も引き続き、次のビジネスモデルの模索をしてきたいと思います!

貴重な場に声をかけていただいた、ドコモ・イノベーションビレッジのみなさまありがとうございます^^

 

城宝ブログ

【テーブルクロスセ…

みなさんは、社会貢献ができるグルメサイト「テーブルクロス」をご存知でしょうか。
私たちのミッションは、「利益の創造と社会への貢献を同時に実現する文化を創る」ことです。
テーブルクロスは、単なる飲食店の広告ではなく、途上国のこどもたちへ給食を届けるという2つを同時に実現するもの。
こうした仕組みの成功はこれまでになく、私たち自身が成功することで社会へインパクトを創出します。
サービスがスタートしてようやく2年半が経過したところですが、これまでは事業の基礎作りに注力してきました。
そしてこの半年間で10名以上のメンバーを迎え、次のステージへ移り変わる今日この頃です。
多くの人にテーブルクロスを活用してもらい、さらに多くの飲食店の課題と途上国の課題を解決していくステージが訪れました。
これが整備されることで活動は持続的になり、途上国のこどもたちへも継続した支援が可能になります。

そこで今回は、事業が発展するために必要不可欠なセールススタッフを募集します!
今回ジョインするメンバーは会社の雰囲気作りをするうえで重要な役割を担っています。
テーブルクロスは現在、多くのテレビ、新聞、雑誌に取り上げていただき、大手企業とのコラボプロモーションも進んでいます。
プロモーションをかけるうえで、飲食店営業の力は必要不可欠なものです。
テーブルクロスのミッションに共感してくださったかたと一緒に、100年後の日本社会を創りたいと思っています!

S__27697169

■WHAT(なにをやっているのか)

社会貢献型グルメアプリ「テーブルクロス」は、食べログやぐるなび、ホットペッパーのように外食をするときに飲食店が検索できる予約サービス。しかし、既存のものと大きく違った仕組みを導入しています。それは予約した人数分と同じ数の給食を途上国のこどもたちへ支援するというもの。ビジネスと社会貢献を繋ぐ新たな試みとして大きな注目を集めています。

また、お客さまが支援のためのコストを負担することはありません。それは飲食店から支払われる広告費から拠出されるから。そして、ここにも新たな仕組みが導入されています。従来の予約サービスは予約の有無に関係なく、初期費用や月額利用料が発生していました。しかし、テーブルクロスでは予約された人数分だけの広告費を受取る業界初の「完全成果報酬型」を導入。リスクのない予約サービスとして飲食店からたいへん喜ばれています。

このように飲食店の課題と途上国のこどもの課題の2つを同時に解決する全く新しい仕組みを創ったのがテーブルクロスなのです。

公式ホームページ:https://tablecross.com/wp

■WHY(なぜやるのか)

「利益の創造と社会への貢献を同時に実現する文化を創るため」です。テーブルクロスは、単なる飲食店の広告ではなく、途上国のこどもたちへ給食を届けるという2つを同時に実現するものです。こうした仕組みの成功はこれまでになく、私たち自身が成功することで社会へインパクトを創出します。スタートしてまだ半年ですが、これまでは事業の基礎作りに注力してきました。しかし、次はテーブルクロスの事業をより多くの人に知ってもらい、活用してもらうステージです。これが整備されることで活動は持続的になり、途上国のこどもたちへも継続した支援が可能になります。

■HOW(どうやってやるのか):テーブルクロスがチームで目標としていること

現在、給食支援を行うために9NPO法人と提携しています。私たちが関わる小学校は100校以上にのぼり、全体で1万人を超えるこどもたちが対象です。しかし、いまはまだ全てのこどもへの支援はできておらず、喫緊に給食を届ける規模まで広げる必要があります。そのためにはまず、彼らが11食食べることができるよう、テーブルクロスの認知を高め予約をしてくれる人を増やすことが目標です。現在は、テーブルクロスのファンクラブである「エンジェル倶楽部」のみなさまと一緒に2020年度年間4,000万食の給食支援を実施するために積極的な活動をしています。人はミッションがあると強くなれる、前へ進むことができる、チーム一丸となって活動し続けます。

S__27697176

セールス(東京本社)採用情報

<概要>

・テーブルクロスのセールスでは、飲食店向けにテーブルクロスの加盟活動を行ないます。飲食店オーナさんからすると広告ですが、私たちは単なる広告ではなく日常生活のなかで社会貢献に関わるパートナーを増やしているため、セールスはテーブルクロスの最大の理解者であり文化普及拡大委員でもあります。

・具体的には、関東を中心に飲食店の営業活動を行います。営業のノウハウは社内にあり、研修も随時行っています。そのため、想いが強い人や将来のビジョンがある人は未経験者でもサポートしますので大歓迎です。

201710月より本格的に始動した営業本部ですが、まだまだ立ち上がりの部署となります。この部署を100名規模にするためのスタートメンバーとなりますので、試行錯誤をしながら日々積極的な営業活動ができるメンバーが集まっています。現在営業本部には、19歳~48歳まで幅広いメンバーが揃っていますのでぜひ会社見学にも来てみてください。

<こんなメンバーが活躍しています!>

・飲食店広告だけでなく、保険や通信など様々な営業経験がある!

・こどもがいるけど、13時~17時は出勤ができるから社会と関わりを持って活動したい!

・根性が自慢で、営業を勉強することで自分の将来に活かしていきたい!

・とにかく、ポジティブで明るく、フットワークの軽さがあります!

・ゼロから立ち上げるプロジェクトが得意でこれからの成長の後押しをしたい!

<勤務地>

株式会社テーブルクロス東京本社:東京都新宿区四谷4-3-1 ワールド四谷ビル7

<雇用形態>

・正社員(試用期間:入社後2ヶ月、勤務時間:10時~19時、給与:年俸制)

・契約社員(試用期間:入社後2ヶ月、勤務時間:10時~19時(コア時間13時~17時のフレックス制度あり)、給与:年俸制)

・アルバイトスタッフ(試用期間:入社後2ヶ月、勤務時間:13時~17時、給与:時給1,500円~(要相談))

<休日>

完全週休2日制(土曜日、日曜日)

その他、祝日、年末年始休暇等

<福利厚生>

・社会保険等完備

・交通費支給

<応募方法>

ぜひ一度、株式会社テーブルクロス代表の城宝が直接お話しできたらと思いますので個人のメールアドレス、Facebookもしくは以下までお問い合わせください。

連絡先:info@tablecross.com(城宝宛)

最後に

立ち上げ当初は、大学生だったこともありオフィスも借りれず、銀行の審査にも通らず、課題が多い毎日でしたがこうやって多くの方に支えられて少しずつテーブルクロスが成長してきました。最近では、東京都が主催のプログラムや、監査法人の方にも支えていただきつつ、スケールするビジネスモデルになってきたと自負しています。今、テーブルクロスが成長しようとするなか、新しいメンバーを迎えることができることに感謝しつつ、一緒になって組織を創るメンバーを積極的に募集していきたいと思います。今年、来年とみなさまに大きなご報告ができるよう準備をしておりますので、ぜひこの機会にテーブルクロスのメンバーにアプライしてみてください。お待ちしています!

S__27697167

城宝ブログ

【「チャリティ予約…

テーブルクロス普及拡大委員長の城宝です^^

夏でも秋でも食欲満点の私ですが、最近はどのレストランも秋の食材が目立ってきましたね!

毎月新規で100店舗以上の飲食店オーナー様にテーブルクロスを導入していただき、チャリティ予約の文化創りが進んでいます。オーナーさんのなかではユニークな企業さんもあり、レセプションパーティーやイベントなどを通して一緒にチャリティ予約の普及拡大もさせていただいています。様々な観点から関わることができ嬉しい限りです。

こちらはレセプションパーティーを開催しました、ゆずの小町や知床漁業で有名な株式会社コズミックダイナーさんです。

S__27484192

コズミックダイナーが運営する約100店舗を対象に、予約をするとアフリカのこどもたちの給食となります。

レセプションパーティー詳細:http://www.dreamnews.jp/press/0000159482/

S__27484194

S__27484195

またチャリティ予約普及拡大に伴い、大学での講義もしています。

先日はフェリス女子学院大学へ伺いました。昨年に続き今年もお呼びいただきありがとうございます。

S__27484190

そして10月16日(火)は東京にてランチ会も行います。

前回に引き続き、弊社ワールド四谷ビルの1階を貸し切って開催します。次回も近況報告を含めプレゼンさせていただきますね!

ランチ会:https://www.facebook.com/events/147372845856443/

S__27484191

9月実施のランチ会の様子

次回の東京ランチ会は1115日(水)11時からとなりますので関東近郊のみなさまよろしくお願いします!

それでは本日も素敵な1日をお過ごしください♬

城宝ブログ

【4月1日!201…

4月に入り、2017年度がスタートしましたね!

今年度は「やりきる」という一心で進めていきたいと思います。

年度末は、たくさんのエリアで講演させていただきました。

札幌、東京、大阪、京都で多くのご縁をいただき感謝しております。

一部をご紹介させていただきたいと思います(^^)

IN 札幌

札幌中央倫理法人会にてご縁をいただき、お話させていただきました。

S__13672478

7時から開始という早い時間の経営者モーニングセミナーなのですが、90名弱の方に来ていただき嬉しく思います。

S__13672477

北海道エリアマネージャーの大塚を中心に展開している北海道ですが、お会いしたかった方ともお会いできて充実した時間でした。

S__13672479

札幌ではランチ会にも参加させていただきました。

S__13672480

パートナー連携をしている企業さんを含めての勉強会では、今後の発展の可能性を感じ、益々楽しみになりました。

S__13672475

もちろん、お食事はテーブルクロスで予約!

蕎麦とワインのマリアージュで有名な関さんへご挨拶もでき、嬉しかったです。

S__13672476

IN 大阪

大阪では中村塾で講師をさせていただきました。

S__13672472

建設業界の方が多く、同時に大阪での講演に慣れていない私は、どんな面白いことを言おうか頭の中がぐるぐるしていたのですが、、、やはり言えず。

S__13672473

温かい雰囲気のなかお話させていただきました。

S__13672473

IN 東京

東京では、東京あけぼのロータリークラブでもお話させていただき、素敵なご縁をいただきました。

S__13672471

また、3月は関西のエリアマネージャーが全員集まり、今後の戦略、本社との連携について打ち合わせをしました。
今後一体となって進めていきたいと思います。

S__13672481

現在、大阪、滋賀エリアは加盟店開拓、パートナー企業連携を強化しております。

4月は、いよいよ京都がスタートです!

S__13672474

京都説明会の様子

各地で素敵なご縁をいただき嬉しく思います。

今月は東京、大阪、京都、滋賀にいることが多いと思います。

最後に、北海道のみなさん!

テーブルクロスが、来週4月3日(月)10:10〜 ラジオにて放送されます。

【放送局】
札幌村ラジオ
FM 81.3MHz

*会社情報
https://sapporomura.jimdo.com/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%83%85%E5%A0%B1/

もしよければお聞きくださいね(^^)

城宝ブログ

【2017年新年の…

みなさま、あけましておめでとうございます。
テーブルクロスの城宝です。

テーブルクロスの仕事始めは4日からでしたが、私は年末年始も溜まった仕事や2016年の反省、今後の計画などを詰めており、改めてベンチャー企業の経営者は休みは取れないと感じました。

ところで、最近ある習慣!?があるのですが、今の若い人たちのニーズを探りたいときは、お昼過ぎの15時〜16時ごろにファミレス(ガストがオススメ)へ行きます。今日も右隣の女子4人組の恋話を聞きつつ、左隣の女子2人組の北欧旅行計画を聞いておりますが、やはり入場15分が経過して耳にイヤホンをしてしまいました。何度か今の流行りを探りにファミレスへ来ているのですが、やはり一番好きなのは自分の世界だったようです(笑)そうなった今、”海賊と呼ばれた男”のように、初心を振り返りつつ未来へ向けた事業戦略が組めるように頑張りたいと思います。2017年は年女ですので、鳥のように羽ばたく飛躍の年にできるように努めます。

さて、昨年を振り返ると、これまでと大きく変わったことは大学を卒業してテーブルクロス1本になったことがあります。生活スタイルは全く変わっていないのですが(今は事業展開に伴い月の半分は大阪におります)、テーブルクロスが大好きだった私は益々ハマってしまいました。大学へ行かなくなった分、より時間ができたので経営面での勉強時間が増えました。

起業して一番困っていたことが知識がないことだったので、毎日が新しいことだらけです。ここでは書ききれませんが2016年は今までで一番大変な時期でした。多くの方々に支えていただいたからこそ、無事乗り越えることができた山がいくつもありました。全員にお礼の連絡ができていないのが心苦しいのですが本当にありがとうございました。知識がないということは人一倍選択肢が少ないことです。例えば、システム開発をするにしても最初の選択肢は外注をするか社内で開発をするか、ぐらいしかないところから始まっていました。その後、私はある技術!?を学び、今では何を判断するにしても複数の選択肢のなかから方針を決めることができるようになってきました。私ひとりでは絶対できないことなので、多くの方に支えていただいたことに感謝するばかりです。
ちなみにですがいつも私がやっていることは、自分がなにに困っているのかをまずは具体的に分析することです。システムなのか、プロモーションなのか、人材なのか。そのなかでも技術的なことなのか、ノウハウなのか、、、細かく分けていきます。自分の困っていることが明確になったとき、今まで知り合ってきた方々の顔を思い返します。そして、解決のノウハウをお持ちの方に連絡をさせて頂いたり直接お会いしてお話しをさせて頂くと、解決のための選択肢をアドバイスしてくださり、さらにはもっと詳しい方をご紹介してくださったりなどしてご縁がつながって行きました。最終的に開発をするときも外注か内製かしかなかったところから、大手企業との共同開発やベンチャーが複数集まって行う協業での開発など、開発ひとつ取っても、様々な選択肢のなかで検討することが可能となりました。

勉強したり実践したりすることで益々仕事の楽しさが深まっている今日この頃ですが、もっともっと早く成長したい気持ちが高まっております。今後とも様々な面からアドバイスをいただけると嬉しいです。

最後に、今の私の頭のなかにある課題を少し書かせていただくと、今後は「予約数を増やすこと」「東京以外のエリアで飲食店加盟店を増やしていくこと」のふたつが大きな軸になると思います。
昨年末からは北海道、大阪拠点が立ち上がって本格的に始動しました。その他全国10拠点で事業説明会も行っていますので、ぜひ一度お越しください。一緒に「チャリティ予約」の文化を日本全国に、世界に広げていけたらと思っています。事業説明会を開催し始めた9月からは予約数も一気に高まり、日々広がっているを実感しています。しかし、実際はまだまだ給食支援を十分に行うことができていません。金銭的な負担がかからない、ちょこっとボランティアをして輪を広げていけたらと思っています。みなさんのアドバイス、お知恵をお貸しいただけると嬉しく思います。

それでは、本年も陸上部だった私は走り続けていきたいと思いますので、何卒よろしくお願いします!みなさま、健康にはお気をつけて一年間お過ごしくださいませ。

s__11149504

城宝ブログ

最近の近況 by.…

PDCAの管理が苦手なので絶賛訓練中の城宝です。

大学を卒業した今年の3月から、あえて何か変わったことを挙げるとすれば

大学の授業を気にせずに出張の予定を入れることができるようになったことです。

これまでは、学校があるから東京に戻ってこないといけないという時間に制限があるからこそ気にかかることがあったのですが、今ではそれがなくなり活動範囲が広くなった気がします。それ以外は、未だに毎日新しいことばかりの環境ということもあり特出して環境の変化を感じることはないです。

会社経営をし始めて2年半が経とうとしていますが、経営を勉強すればするほど奥が深いなぁと考えさせられる今日この頃。

毎日そうなのですが、昨日の私、一昨日の私、1ヶ月前の私、半年前の私、1年前の私、2年前の私、過去の自分は知らないことばかりだったなと思わされます。

今では、毎日頭が破裂しそうなぐらいの幸せな環境に置かれています。(笑)

さて、最近の近況報告といえば、人生で初めての北海道へ出張で行くことになり、ハスカップという食べ物の存在を知ったこと。

s__8478735

出張をして真新しい食べ物に出会っているだけでなく、実際には東京以外の拠点が立ち上がり始めました。

先日北海道でエリアマネージャーをしてくださっている方とお会いしたときに「まさに、私が探していたものに出会えた感じだった!」と言われ、正直鳥肌が立ちました。

想いと想いが繋がる瞬間って、そんなに頻繁にないと思うんです。

エリアマネージャーさんに出会えたご縁、テーブルクロスという仕事をさせてもらっていることに感謝した時間を過ごしました。

それにしても、テーブルクロスは男性ばかりの会社ということもあり、今回女性のエリアマネージャーさんと出会えたときには必要以上に嬉しくなってしまい、深夜まで語り、次の日も早朝からご一緒してしまいました。仕事のこと、プライベートのこと、テーブルクロスのビジョンのこと、話したいことたくさんで時間が足りないぐらいです。

元々モチベーションが下がらないことが自慢の私ですが、今回の出会いで一気にテンションが上がってしまい今までの2倍仕事がしたくなりました。もっと働きます~~~!

今後、北海道で飲食店開拓、ユーザー開拓が進んでいきますので、北海道に拠点をお持ちの方は少しだけお力添えをいただきたいです。よろしくお願いします。

s__8413307

城宝ブログ

【10月講演会・イ…

【10月講演会・イベント情報】

【イベント】日本最大級の国際協力イベント『グローバルフェスティバル2016』

日時:10月1日(土)〜2日(日)10時〜17時

場所

東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート」駅から徒歩1分
ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「青海」駅から徒歩3分
ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「お台場海浜公園駅から徒歩7分

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-0-33-15

【講演】第8回コモンズ社会起業家フォーラム

日時:10月1日(土)14時〜17時(13時半受付開始)

場所

文京学院大学 本郷キャンパス(東京都文京区向丘1-19-1) 仁愛ホール

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-0-39-26

【イベント】世界食料デーフェスティバル2016

日時:10月16日(日)10時〜17時

場所:汐留 日テレ広場

slide-1

【講演】フェリス女学院大学 講義:「社会的起業と女性」

日時:10月17日(月)14時50分〜16時20分

場所:フェリス女学院大学

ferris_20150331135938

【イベント】イノベーションリーダーズサミット

日時:10月24日(月)〜25日(火)

場所:虎ノ門ヒルズ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-0-48-02

【講演】京都文教大学 科目:「地域マネジメント能力養成プログラム」

日時:10月28日(金)13時~14時30分

場所:京都文教大学

logo

【イベント】ベジフードフェスティバル

日時:10月29日(土)〜30日(日)10時〜17時

場所:代々木公園ケヤキ並木

facebook_topimage20160709-2

 

 

 

 

 

城宝ブログ

【講演報告】8月の…

暑さのピークも過ぎ、少しずつ過ごしやすくなってきましたね。

今年の講演活動は、年間150回を超えそうな今日この頃なのですが、8月も色々な場所でお話させていただきましたので少しご紹介させていただきます!

8月6日(土)は人生二度目の福岡講演会を行いました!

S__7200806

この講演会は、大学3年生を対象にお話させていただきました。2時間の講演だったこともあり、ワークショップ形式を取り「リーダーシップとはなにか」などを一緒に考えながら過ごしました。

そして、8月12日(金)には教育にアツイ荒木翔揮さんが運営するJMFへ登壇!

S__7200805

Japan Motivation Forumということもあり、モチベーションが高まるお話をする必要があったのですが、私自身あまりモチベーションが下がらない単純な人間なので、何を話したらいいのか苦労した記憶があります。

S__7200804

実は、甘いものを食べたり、寝たりすると一気にテンションが戻るんです。本当に単純な私なので・・・

S__7200808

こんな私ですが、登壇させていただき光栄でした。最近はいつも一人でお話することが多かったので、みなさんと一緒に登壇させていただき貴重な時間でした!

8月17日(水)は、初めての大阪講演へ。

(実は、今まで大阪での講演をしたことがなかったんです。)

S__7200799初めての大阪講演の機会をいただいたのは、青年会議所と呼ばれる堺高石JCさんです。

S__7200798

このような舞台で講演することは久しぶりだったので、私も少し緊張気味で・・・

ドキドキでしたが、大阪堺で色々な方とつながることができていいご縁をいただきました!

青年会議所、所謂JCさんのご縁はまだありまして、8月21日(日)は流山JCに参加しました。

S__7200803

中学生、高校生、大学生を対象に、なぜ起業したのか、起業することの大変さ、そして身近さなどをお話させていただきました。

S__7200802

この日は、「理想の飲食店をつくろう」というワークショップを行っていました。

学生団体‎Unicul Laboratory さんが主体となって運営をしていて私自身も勉強になりました。

8月24日(水)には、湘南へ!平塚商工会議所にて若手起業家会でお話させていただきました。

14117847_1080067418736843_8371484274467824922_n

志、ビジョンのお話をすることができて、私もとても楽しく、充実した時間を過ごさせていただきました。

14089219_1080073005402951_7576652411106362886_n

実はこの会、一番最初のタイミングから加盟店にもなってくださっている、アッシュエム(H×M)の相山洋明さんを中心に開催されました。

S__7200807

いつもお世話になっていますが、このような貴重な場にも呼んでいただき嬉しかったです。

もっと、もっと、想いを届けてこどもたちの給食も届けていけるように頑張ります!

以上、8月の講演会報告をさせていただきました。

素敵なご縁をいただいた皆様に感謝の気持ちを込めて。

Have a nice day:)

城宝ブログ

【講演報告】いよい…

テーブルクロスの城宝です。

7月も始まり、暑い日が続くようになりましたね。

私は今月も張り切ってスタートしています!

まずは、7月3日(日)に行われたNPO法人HERO主催「失敗のすゝめ」にて登壇させていただきました。

image

学生から社会人まで来てくださりありがとうございます。

image私自身、20歳の成人式を終えた直後に起業していることもあり失敗の連続なことも事実です。

失敗を失敗だとは思わず、経験だと思うようになってからは人一倍強くなったように思います。

そして、自分のなかではまず「やるかやらないかで悩むのではなく、やってみてから考える」ことを意識していることをお話ししました。

仮説に仮説を加えることは好きではない私にとって、アイディアを机上の空論で終わらせるのではなく実践してみる精神を今後も忘れないようにしようと思います。

その他、7月7日と9日は神奈川でお話しさせていただきました!

経営者モーニングセミナーが行われている武蔵小杉と関内にて、みなさんと一緒に「100年後の日本社会を創るうえで日本企業の今後あるべき姿」をテーマにして考えました。

image

まだまだ今週も講演させていただきます!

今日も素敵なご縁をいただきました!

明日も1日、みなさんで頑張りましょう!

 

城宝ブログ

【講演会報告】高校…

こんにちは!

テーブルクロスの城宝です。
今月も講演の機会をいただきました。
インディペンデントクラブさん、グローバル経営人倶楽部さん、AIESEC一橋大学委員会さん、大東文化大学第一高等学校さん、日本経済大学さん、ありがとうございます!

今回は、大東文化大学第一高等学校さんと、日本経済大学さんでの講演会の様子をちょこっとご紹介します。

6月6日(月)に大東文化大学第一高等学校さんへ伺いました!

image
彼ら彼女らはまさに今後のキャリアを考えているところで、自分の気付きややりたいことを見つけて一歩進むことの大切さをお話ししました。

image

講演後、「実は、私も起業したくて…」「国際貢献したいと思ってたんです!」という女の子たちが話に来てくれたことは本当に嬉しかったです。
これからの日本を支える私たち世代なので、一丸となって頑張りたいと思いました!

 

そして、6月13日(月)は、日本経済大学さんへ伺いました!

image

インターンシップ授業での講義です。

image

実は今回、テーブルクロスは日本経済大学さんのインターンシップ受け入れ企業となりました。期間中、テーブルクロスへインターンシップをすると単位認定をするという内容となっています。

母校の立教大学でやりたいなぁと思ってアンテナを張っていたところ、ひょんなことからご縁をいただきました!
今後は色んな大学で出来ればと思っています。

色んなご縁いただいて嬉しいな〜

城宝ブログ

【講演会報告】高校…

こんにちは!
テーブルクロスの城宝です。
今月も講演の機会をいただきました。
インディペンデントクラブさん、グローバル経営人倶楽部さん、AIESEC一橋大学委員会さん、大東文化大学第一高等学校さん、日本経済大学さん、ありがとうございます!
今回は、大東文化大学第一高等学校さんと、日本経済大学さんでの講演会の様子をちょこっとご紹介します。
6月6日(月)に大東文化大学第一高等学校さんへ伺いました!
image
彼ら彼女らはまさに今後のキャリアを考えているところで、自分の気付きややりたいことを見つけて一歩進むことの大切さをお話ししました。
image
講演後、「実は、私も起業したくて…」「国際貢献したいと思ってたんです!」という女の子たちが話に来てくれたことは本当に嬉しかったです。
これからの日本を支える私たち世代なので、一丸となって頑張りたいと思いました!
 
そして、6月13日(月)は、日本経済大学さんへ伺いました!
image
インターンシップ授業での講義です。
image
実は今回、テーブルクロスは日本経済大学さんのインターンシップ受け入れ企業となりました。期間中、テーブルクロスへインターンシップをすると単位認定をするという内容となっています。
母校の立教大学でやりたいなぁと思ってアンテナを張っていたところ、ひょんなことからご縁をいただきました!
今後は色んな大学で出来ればと思っています。
色んなご縁いただいて嬉しいな〜

城宝ブログ

【講演報告】学生×…

みなさん、こんにちは!

先週、1週間に4回の講演会を行った城宝です。講演会でお話をしたからなのか、講演会後の懇親会で盛り上がってしまったからなのかわかりませんが、声が少しずつガラガラになっていくことを感じている今日この頃です。

今回、講演のご縁をいただいたのは、ビジネススクールPSFさんとビジネスクリエイターズのみなさんです。ありがとうございます!

527()は、ビジネススクールPSFのイベントでした。

PSFは主に学生向けに成長を提供するスクール。

13288363_1047388665338996_2097321338_o

今回は、女性起業家のひとりとして学生起業×女性起業のメリット・デメリットをお話させていただきました。

女性起業家三人でパネルディスカッションをしたときは、やっぱり同じ経験をしているんだということを改めて知り、私自身も勉強になりました。

スクリーンショット 2016-06-05 18.24.50

個人的には、講演会後の交流会がとてもアツかったです。

高校生の子たちが来て「将来起業したいと思っている」という話しを聞いたときは、とても嬉しく思いました。これからの100年をつくる仲間と出会えた気持ちです!

スクリーンショット 2016-06-05 18.25.48

528()はビジネスクリエイターズ主催「利益と社会貢献を両立するビジネスの作り方」のイベントでした。

13330408_1125491247493655_390223149_n

個人的には、20名ぐらいの人数で行う講演会は双方にコミュニケーションが取れるので好きなんです。

今回もいい質問をたくさんいただき、嬉しく思いました。

13330512_1125491244160322_682032934_n

ビジネスクリエイターズならではかもしれませんが、今回は大企業の役員からベンチャー企業の役員まで幅広く集まる会でした。それぞれの会社でCSV企業経営を行うにあたり、経営者としてチームとして情報交換ができてとてもよかったです。

13293198_1125491254160321_134332020_n

「テーブルクロス」を通して利益の想像と社会への貢献を同時に実現する文化を創り、100年後の日本がもっと素敵な社会になるように今後も頑張りたいと思います!

城宝ブログ

【講演報告】女性の…

みなさん、こんにちは。

テーブルクロスの城宝です。

この度は、5月23日(月)に日本政策金融公庫さん主催の女性のための創業支援フォーラム「女性起業のリアル~彼女たちはなぜ若くして起業したのか~」にてお話させていただきました!

詳細URL

https://www.jfc.go.jp/n/seminar/pdf/seminar160428c.pd

当日は114名の方と一緒に情報交換、意見交換をさせていただきました。

9割が女性というイベントに参加したのは初めてで、とても感激しました。

S__3825674

やはり、いつもとはひと味違う女性のパワーを感じますね。

S__3825675

私は、「どのような仕事をしているのか」「なぜ起業したのか(背景など)」のお話を中心にしました。

S__3825673

日本のなかでの社会貢献や社会問題に対する考え方を一歩前進するためにも、みなさんで一緒に一歩、二歩進んでいきたいと改めて思いました。

この度は、このような素敵な機会をいただき、本当にありがとうございます!

城宝ブログ

【大学卒業という節…

2015年度、立教大学を無事卒業することができました。

4年間の満足度に点数を付けるとすれば、100点!

やり残したことと言えば、彼氏を作ることを忘れてしまったことかな(笑)

私の場合は、大学生活の半分以上は仕事をしていたので学生を卒業するという気分はとても薄いですが、国民年金の請求書が届いたタイミングから社会人としての自覚が自然と生まれてきたというのがリアルな話です。

 

大学に入学した2012年4月。

当時の私は大学生の先輩の友達が少なかったこともあり、全く「大学生活」というものがどういうものか知らないまま、ドラマの中でみた”リア充”な生活を夢見て大学に入りました。

立教大学の場合、可愛い服、バッチリメイクが当たり前だったので、高校生までスポーツ女子だった私は、ファッションやメイクの勉強からスタート。最初の頃は、毎日メイクをすることが本当に億劫でした。

講義選定、新歓、コンパ、などなど、1年生の最初は新鮮なことばかり。

しかし、入学して1週間が経過して気づいたことがありました。

「なんか、私が思っていたリア充な生活とは程遠いい・・・」

もちろん、出会いや友達は増えていましたが、物足りなさがありモヤモヤしました。

自分が勉強したことを社会で試してみる場、実際に自分の夢を形にするときにどのように行動するのかを知りたかった私は、すぐに課外活動を中心とした生活スタイルへ。

入学当初の理想と現実のギャップを感じていなければ、今に繋がる活動はなかったかもしないと思うと、あの時行動に移してよかったなと感じます。

そして、大学1年生2012年4月、学生団体Volante創設。

Made in Japanを海外に発信するためのコミュニティーを創り、組織マネジメントを学ぶために様々なNPO法人に入って学んだことを今でも覚えています。

団体の設立と同時に、様々な活動へ足を踏み入れたことにより、今に繋がる人脈や経験を積むことができ、少しずつ自分の理想の社会を創るためにはどうしたらいいのかということを知ることができました。

 

大学3年生になった2014年6月、株式会社テーブルクロス創設。

S__2105346テーブルクロスの愉快な仲間たちと一緒に。

起業は一瞬の出来事でした。きっかけはビジネスパートナーとの出会いですが、就活と起業を悩んだタイミング、人・物・金・情報、すべてが揃ったタイミングに思い切ったことで、テーブルクロスがスタート。

大学と会社の両立生活が始まりましたが、経営に対する知識も経験も圧倒的に少なかった私は、ストイックな生活へ。ストレスが溜まりに溜まっていましたが、あの時息抜きで遊んでくれる友達が本当にいてよかったと思います。リフレッシュをしたことで、また仕事頑張ろうという活力が湧きました。

最終的に、「休学」を選ばずにストレートで卒業できたのも、本当に周りの人の理解があったからだと思います。

 

両親に起業することを伝えてからもちろん人の何十倍も心配をかけてきたことに変わりはないけど、いつも健康に気を遣ってくれて。辛いことがたくさんあって泣いてるときもそっと見守ってくれて。一人っ子ということもあり一人暮らしは全然させてくれなかったけど、帰ってくると愉快な家族で。わがままな娘だけど、私がやりたいことは何でも応援してくれて。

面と向かってありがとうなんて言えないけど、こういう場でパパもママも大好きって伝えておこっと。私のことを育ててくれて、パパとママの子に産んでくれてありがとう。

 

それだけじゃなくて、本当に私は周りの友達に恵まれました。

S__2105351

統計学専攻の菊池ゼミのみんなと一緒に。

大学、ゼミ、団体、課外活動、会社。

大学で関わってきた人たちが、良き理解者でいてくれて支えてくれて本当によかったです。ありがとう。まだまだ課題たくさんの日々だけど、これからも変わらず夢に向かって、笑顔で、楽しく、ときには厳しく、頑張ります。

卒業した城宝薫も、今後もよろしくお願いします。

S__2105348

城宝ブログ

【祝!】テーブルク…

いつもテーブルクロスを応援してくださる皆さま、こんにちは。

テーブルクロスの城宝です。

本日、3月22日をもってテーブルクロスはサービスローンチ1周年を迎えました。

昨年の今日は、様々な課題を抱えつつもサービスをスタートさせていただきました。この1年間多くのみなさまに支えていただいたこと、心より感謝しております。

 

私は、大学3年時に株式会社テーブルクロスを立ち上げました。

自分自身の途上国での原体験、大学近辺でたまたま見つけたアルバイト先、ひょんな出会い、たまたまが一同に集まった時期に起業をした私ですが、正直最初から就職をせずに起業家としての道を進む覚悟があったわけではありません。

しかし、間も無く大学卒業ですが、今では絶対に、予約運動を広めて多くのこどもたちへ学校給食を届けよう!という気持ちでいっぱいで、就活の「し」の字も全くない今日この頃です(笑)いつからこれほどにも想いがカチカチに固まっていったのでしょうか。

私は、幼いときにインドネシアでストリートチルドレンを見て、知ってしまった責任感や何かしないといけない気持ちがあった一方で、自分ひとりで何かできるわけではなかったのでとてももどかしい日々を送っていました。自分が抱えるもどかしい想いから一歩抜け出す機会って、それほど多くないんですよね。

何ができるのか、何をしたらいいのか、自分のなかに答えがなかった私は、大学に入学したときも、社会課題の解決をするための”ナニカ”を求めて様々な活動に携わり、模索をする日々を送っていたことを今でも覚えています。

たまたま、アルバイトで飲食店のオーナーさんへ広告営業をしていたことから予約運動で学校給食が届けられるというアイディアが見つかり、最終的に起業をして「テーブルクロス」というサービスを始めました。

そして多くの人から「テーブルクロスいいね!応援するよ!」という声があったことで、何もできないもどかしい日々から抜け出す機会になりました。

大学3年生の当時、支えてくださった方々をはじめ、当初の出会いがなかったら、今の私に突き進むという選択肢はなかったかもしれません。出会いやご縁は不思議なものです。

私の場合、知識もなければ、人脈もない、お金もない、ない!ない!ない!だらけで始まった会社でしたから、ひとりでできたことと言えば、熱い想いを誰かに伝えることぐらいでした。そして、想いを伝えるごとに様々な講演の機会に呼んでいただき、私の起業家生活が始まっていきました。

他大学のゼミや研究室、朝活セミナー、団体主催のイベント、キャリアセミナー、など、本当に多くの、そして素敵な機会をいただいたことを嬉しく思います。考えてみればこれまでに通算50回以上の講演をしていました。自分でもびっくりです。

本当にこの一年間は人生のなかで一番勉強させていただいた年でした。

 

大学3年生で起業した当時は大学の授業も大分あり、さらに起業の立ち上げ時期でやりたいことだくさんの毎日だったので、時間的にも厳しい毎日でした。今後はフル社会人だと思うと、少し寂しいと思う気持ちもありますが、フルテーブルクロスの環境に楽しみな気持ちも大きいです。

 

スタートして一年。

実際は、まだまだ十分なほどの学校給を届けていないのが現状です。

私たちが支援する学校や施設には、今、1万人のこどもたちが待っています。

つまり、1日1万人の予約がなければ今いるこどもたちに十分な支援が出来ない状況です。

現段階で、それができていないことが本当にもどかしくて、真剣に考えても答えがなくて、今は一生懸命、地道に仕事をすることしか選択肢がありません。

日本で予約運動を広げてこどもたちへ学校給食を届けたい!

こどもたちが教育を受けて、夢や未来に向かって進んでほしい!

想いは強いものの私ひとりでできることは少なく、仲間がいて、応援してくださる方がいて少しずつできることが増えてきました。

しかし、もう一歩。

もう一歩、こどもたちへ学校給食を届けるためにみんなで前に進む必要があり

まだ私には何か足りないものがあるように思います。

 

今一度、テーブルクロスのアプリを開いてみてください。

(アプリを開くときはこちらからも開けます。)

http://tablecross.jp:8081/client-api/shareFriend?shareType=1&refUserId=216

今月3月には、テーブルクロスのアプリをアップデートしました。最新版のアプリです。

 

そして、近日発表させていただきますが、飲食店舗に関してはこの1年間頑張ったと、ここばかりは言いたいことがあります!

スタートの段階で、多くの人が予約ができるように、全国47都道府県で利用できるサービスにする必要がありました。

これらをはじめ私たちのミッションはたくさんあり、日々試行錯誤をしながら進めていますが、様々な業務提携が進みそして少しずつですが成長している実感もあります。

今後、ひとつずつ発表させていただきますが、近日中には店舗数にどのぐらい店舗数が増えたか発表させていただきますので、楽しみにお待ちください!!

テーブルクロス1周年を迎えられたこと、いつも皆様に支えていただいていることに感謝をして。

社会貢献型グルメアプリ「テーブルクロス」を今後ともよろしくお願いします!

(アプリのダウンロードはこちらから。)

http://tablecross.jp:8081/client-api/shareFriend?shareType=1&refUserId=216

S__1900609

城宝ブログ

「休学」を選ぶか悩…

こんにちは。テーブルクロスの城宝です。

最近は、風邪やインフルエンザが流行していますが、皆さんお身体大丈夫でしょうか。

うがい手洗い、花粉対策の時期ですので、自分の目・鼻・口は自分で守ってくださいね。

 

さて、私たちテーブルクロスは2016年の年明け早々に、社内で新しい取り組みを始めました。

それは、「インターンシップ」というものですが、1月は4名のインターン生が加わりました。慶應大学、青山学院大学、中央大学、日本大学、全員3年生(新4年生)の1期生と一緒に日々の業務を行っております。

最近は、「プロジェクトリーダー」というポジションで、実質的には事業部の立ち上げの責任者を任せる学生を採用し始めています。先日は、明治大学の1年生を採用しました。

このように、最近多くの同年代の学生と面談をするなかで色々な観点から質問を受けるようになりました。そのなかでも多かった質問が、「なぜ、休学をしなかったのか」「休学をしなくても活動をすることができるのか」という質問は多かったです。

500x0_555dc737-ea54-4abd-817c-57c20a0103f1

画像:nurse-senka.jp

 

今後起業しようと思っている人や、休学をしようと思っている人に少しでも参考になればと思い、今回は私がなぜ休学をしなかったのかということをまとめました。実際、私の周りの友達も、何かしら自分たちのやりたいことがある人は休学している人の方が多いですので、私の言っていることはいち意見に過ぎないと思いますが、是非読んでみてください。

 

1、休学するのが怖かった

私がなぜ、休学をせずに起業し、学業と事業の両立をしたかをひと言にすると、休学することが怖かったに尽きると思います。

私の場合は比較的お仕事が好きだったということもあり、当時の生活リズムを学業中心から仕事中心にすると、きっと大学へは戻れないなと直感で思っていました。もちろん机上での学びは多かったですが、それ以上に私自身、実行に移して少しずつプロジェクトを作り上げる達成感の方が断然楽しかったのが事実です。

休学をして大学へ戻る必要性を見出せずに、学校を辞めたいと思ってしまっては、親孝行が出来ないという必死の決断により、休学をせずに起業をしました。

1517397_670092376433956_4839755892399587150_n

サービスのローンチをした2015年3月22日。間も無く1年が経ちますが、あの頃は不安も大きかったです。

2、自分のやりたいことは見つからなかったけど、どの環境でも楽しむことができた

休学をする人のなかで一番多い理由は、自分探しをするため、就活前に自分の後悔がないように気になる活動を徹底的にやるためだと思います。

私も自分のやりたいことはこれだ!!と見つけていたタイプではないですが、現実的にはどの団体、企業、環境であったとしても存分に楽しむことができるタイプだとは思いました。

つまり、休学をしてどこかの企業で経験を積んだとしても、どの環境でも十分に楽しみ、満足できる性格の私は、自分探しをすること以上に、社会という場で自分のスキルを身につけることの方が適していると思いました。言い方を変えると、どの環境でも楽しめるような人は、自分が呼ばれた環境でスキルを身につけることに専念すればいいため、休学という道を選ぶ必要性はないんだと思います。

3、時間の融通がある程度効いた

私は経済学部という文系ということもあり、比較的時間に融通が効きました。

私の時間の使い方は、朝の1、2限の授業を受けてから午後13時から社会人の生活を送るスタイルでした。比較的まとまった時間が確保でき、打ち合わせの時間もあったように思います。

さらに、私の場合は誰に何を言われようとも、大学に行く時間を削ることはほとんどありませんでした。(起業当初は、この件で何度言い合いをしたことか・・・)

今となっては、大学で最後まで続けたゼミの活動はいい思い出です。

1499449_546126582190364_2460534168969643916_n

個人的には、大学を休学したからと言って時間が増えるかというと比較的変わらないと思うので、時間の問題で休学を考えている人は、継続して学校へ行った方がいいと思います。

4、「コミットする」ことの気付きがあった

よく、企業や団体などでは「コミットする」ことが求められ、「コミットする」ことで気付くことがあるという、話題を耳にすることがあります。

私もひとつのことに専念することにより、見えてくる世界があると思っていた人間だったのですが、「コミットする」の言葉の捉え方を一時まで履き違えていました。

コミットすることは、自分の頭のなかでその物事の本質まで捉えて考えること、そして実行に移すこと。時間的に24時間考え続けるとことは話が別だと思います。

休学する人のなかでは、学校の時間も活動に充てることによってまた違う世界を見ることができると思っている人がいるかもしれないですが、そんなことは全くありません。物事を深く考え、行動し、振り返り、次に活かすことがコミットすることで求められている今、実際は、大学に通いながらでもできることはあると思います。

そのため、テーブルクロスのインターン生には学校と仕事の両立を上手くしてほしいと思っています。どれだけ夜遅くまで作業をしていて眠かったとしても、朝の1限の授業があれば私たちがモニコしますね(笑)

10699307_707797459299758_36563691_n

5、私が幸せを感じる瞬間は、社会貢献をしているだけに留まらなかった

休学しなかった理由で、最後はここに尽きると思います。

私が幸せを感じる瞬間は、寄付や補助金で募ったお金を活動方針や予算に合わせて使っていくのではなく、100年後も残り続けるために利益も創造する継続した仕組み作りをしてはじめて達成感を得られるところにありました。

そして、学生団体の活動に留まるのではなく、世界に通用するビジネスマンになっていくこともひとつの遣り甲斐でもありました。単なるボランティア活動や寄付で終わる活動ではなく、仕事として取り組むところです。男性はわかるかもしれないですが、稼ぐ力を身に付けて自分のロマンを追いかけていく感じですかね!?

 

ということで、一緒にロマンを追いかけて、じゃんじゃんバリバリ働くことができる学生はプロジェクトのリーダーとしてテーブルクロス社大歓迎です。

大学4年生の私は、大学の授業もゼミも今は何もないですが、新生活に不安がある人の気持ちは少なからず共感できるんじゃないかと思います。将来の不安、周りからの期待、自分の軸が見つからない、など。

以上、参考になるかはわからないですが

私が休学しなかった理由を私なりにまとめてみました。

 

休学をせずに、大学3年生のときに立ち上げたサービスがこちら。

http://tablecross.jp:8081/client-api/shareFriend?shareType=1&refUserId=216

(スマートフォン限定)

 

これから一緒に盛り上げていくインターン希望者は、大学を休学せずに時間を上手く使ってください!

Have a nice day:)

城宝ブログ

新年のご挨拶&TB…

みなさま、あけましておめでとうございます。

本日より仕事始めです!
昨年お世話になったみなさまには、温かい支援と指導をいただきました。感謝しております。
本年は、昨年以上に多くの給食を途上国のこどもたちに届けることができるよう努めて参ります。
益々の応援、並びに予約を今年もよろしくお願いします!
さて、本年第一弾。
こどもたちとロゴ.001

“おいしい”を世界に発信!〜TableCross Ambassador 100名募集〜

現在社会貢献型グルメアプリ「テーブルクロス」では、”おいしい”を発信するテーブルクロスアンバサダーを募集中です!
テーブルクロスをご利用の皆様にためになる情報を提供することで、たくさんの「食」「こども」「国際支援」に興味のある方に対して情報を発信をしてみませんか?
テーブルクロスを通してあなたが行ったお店の”おいしい”情報を日本さらには世界へ発信してみましょう。

募集要項 こんなあなたにピッタリ!

  • テーブルクロスの活動に興味がある人
  • 食事をしたときに、FacebookやTwitter、Instagramでご飯の写真をアップしたことがある人
  • とにかく美味しいものへのアンテナが高い人
  • よく行くお店の飲食店のファンを増やしたい人
  • 情報発信をしていくことが好きな人
  • コラム作成やライター業務に興味がある人
  • 日常的にブログやSNSを見たり使ったりしている人
拡散、大歓迎です☺️
興味のある方はこちらをクリック!
こどもたちとロゴ.001
また、本年最初のテーブルクロス TV放送が決定しました!

1月16日(土)TBS放送 23時24分〜 

EARTH LAB_logo
TBS放送『EARTH Lab -次の100年を考える- 』
もしよろしければご覧ください。
今年も、幸せいっぱい、給食いっぱいの一年となりますように。
テーブルクロス一同、本年も全力投球で頑張ります!
城宝ブログ

【ビルゲイツと語る…

今月2015年12月。

日本で「寄付月間」が始まった歴史に残る月となりました。

その背景で、本日12月16日にMicrosoftのビルゲイツさんが来日。

社会貢献を行う起業家やNPO法人の代表者をはじめ、大臣や議員さんが朝日浜離宮ホールに集結しました。

スクリーンショット 2015-12-16 21.51.30

 

イベント詳細:http://www.asahi.com/articles/ASHDH6792HDHUHBI01W.html

 

このような、歴史に残る貴重な機会に私も登壇させていただきました。

S__7872600

S__7872599

その他、コペルニクの中村代表、WHILL株式会社の杉江社長、フローレンスの駒崎代表とご一緒しました。

 

今回のテーマは、「ビルゲイツと語る日本、未来」。

技術革新のはじまりは社会貢献だ、というビルゲイツさん。

とても深いし、個人的に納得しつつ楽天の三木谷さんとクロスセッションをしました。

S__7872604

S__7872603

貴重な機会をいただきありがとうございます!

城宝ブログ

1 人ではできない…

生活協同組合コープこうべの執行役員 本木時久さんにご縁をいただきました。

コープこうべの本部は神戸の住吉にあり、私の生まれた街にとても近いこと、更に幼い頃は普段のお買い物と言えばコープだったこともあり親近感と愛着が増し、今回の本木さんとは色々な方向へ話しが膨らんでいきました。

少し、城宝ブログでも紹介させていただきます?

 

1 人ではできないことも、仲間同士助け合うことで目的を達成していく『生協』。

生協の主役は組合員。一人ひとりがお金を出し合い、商品やサービスをみんなで利用し、運営に参加することで成り立っています。

 

スクリーンショット 2015-11-18 16.48.18

 

最初は、社会運動家でもある賀川豊彦の「救貧だけではなく防貧を」という指導の元、実業家たちや「家庭会」といわれる女性たちの力によって、「食」や「子育て」といった当時の社会課題を解決するために立ち上がりました。その愛と協同精神は今でも引き継がれています。

同時に生協は、創業時からCSV(Creating Shared Valueー共通価値の創造ー)精神だったといいます。

本木「CSVは、”共に創る”こと。生協は、組合員によって社会課題を解決する事業体。そして今、組合員一人ひとりが課題に取り組む体制を再構築しようとしています。コープこうべ宅配や店舗などの実業を持っていることもそうですが、組合員は168万人(世帯)、職員も本体の1万人をはじめ関連会社を入れると1万5千人います。一人ひとりが社会課題の解決にアンテナを張り、問題意識を持つ方向へと意識改革をすることによって、素敵な社会創りができるのではないかと考えています。」

城宝「人の意識改革をするとなると、歴史のある組織は古くからのイメージや習慣も大事にする傾向があるので、とても時間もお金もかかって大変なことのように個人的には感じます。最初はどのようなことから始めたんですか?思うように進まなかったこともありますか?」

本木「そうですね。もちろん、最初は「安全・安心な商品を確実に出来るだけ安く届けることが我々の役割ではないのか!?」という声も周りからはありました。しかし、「そもそも生協で働くってどういうことだろう?」と、職員一人ひとりが自分の言葉で語ることから進めていきました。そしてそこから、「私たちは一体何がしたいのか?何をすべきなのか?何が出来るのか?」ということを職員全体で深く考えるようになりました。今では職員だけではなく、下は20代から上は80代くらいまでの組合員にも集まってもらって、理想の暮らし方や自分の生き甲斐などをワークショップ形式で話し合う環境を作り、自分一人でやることの限界はあるかもしれないけど、協力することによって社会を良くすることができるという気付きを提供しています。」

 

S__7118876

 

何歳になっても、社会を良くしたい・目の前の人を助けたいという気持ちは変わらない。

コープこうべの職員、組合員や地域住民の方たちとのグループワークをスタートしてみて、本木さんが改めて感じたことは、「何歳になっても社会を良くしたい・目のに困っている人がいれば助けたい」という気持ちは、誰しも持っているということです。

私の場合は、幼い頃にインドネシアに行ったときに自分と同じ年ぐらいのストリートチルドレンと出会ったことから、「私にも何かできないか」というモヤモヤした気持ちを抱きました。自分が知ってしまった社会課題には何となく責任を感じたり、もしくは自分にも何かできることがないかと考える人も多いのではないでしょうか。同時に、社会を良くするため、目の前の人を助けたいという気持ちは大いにある一方で、実際に初めてみて継続する大変さを感じている人も多いのではないでしょうか。

私は、社会課題を”継続的”に解決するための活動が重要だと考えています。そのためには、利益の創造と社会への貢献が同時に実現される文化が必要だとも思います。

テーブルクロスは、飲食店を予約すると予約した人数分の給食を途上国のこどもたちに届けるサービスですが、中身としては飲食店の集客サービスです。集客費を完全成果報酬にしたことにより飲食店の広告業界に風穴を吹かすことができるのではないかとチャレンジしているところでもあります。

従来の飲食店の広告料金が高いためにお店の利益が縮小されている課題と、私の想い入れのある途上国のこどもたちの教育環境を整えることを同時に解決したいという想いが、今に繋がっています。今となっては生き甲斐になっています?✨

また、コープこうべで行っている意識改革は、100年後の日本社会を創るうえで必要なことだと思います。組合員のなかから課題解決のためのビジネスプランが出て来たときには、ネットワークだけでなく資金的な投資も行うことに積極的だといいます。利益も創造しながら社会貢献も行う文化が広まることにより、継続的に21世紀の社会課題を解決できると思います。

今後、事業や活動を続けるなかで想いが同じ人と繋がり、多くの課題解決・イノベーションを生み出していくことができれば私としても幸せです。

今回の素敵な出会いを大事に今後も頑張っていきたいと思います!

本木さん、ありがとうございます!

城宝ブログ

テーブルクロスを立…

こんにちは!

久しぶりに城宝ブログを書きます。

最近、「城宝さんはもともと途上国支援をしたかったのですか?」と聞かれることが多くなりました。

そしてメディアなどからの取材でも、「途上国の子ども支援」の部分だけに注目されてインタビューされることが多くなってきました。

そこで、少しテーブルクロスの立ち上げのお話をしたいと思います?

 

テーブルクロスは「利益の創造と社会への貢献を同時に実現する文化創りたい」をミッションに掲げています。

こうした考えはCSVと呼ばれ、テーブルクロスはCSVベンチャーとして立ち上がりました。

◆「CSV」とはなに?

CSVとは「Creating Shared Value」の略で「共通価値の創造」と呼ばれています。アメリカはハーバード大学のマイケル・ポーター教授が発表した概念です。従来の企業の社会貢献活動はCSR(corporate social responsibility:企業の社会的責任)として行われていますが、それは企業の利益の一部から社会貢献活動に充てるものが大半であり、実はここにひとつの問題が存在していました。それは、景気が悪くなったり、企業の業績が悪化したときに、最初にCSR活動に充てる資金が削減されるからです。このようなことだと社会貢献活動を継続できず、社会課題が解決するまで取り組むことができません。そこで、新たにCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)という概念が発表されました。

 

テーブルクロスを立ち上げたのは私のいくつもの体験が背景にあります。

その一つに、大学の近くでアルバイトをしていたときに飲食店の広告を販売する会社にいたのですが、飲食店が広告を出すにはたいへんなコストがかかることを知りました。

日本は飲食店がとても多く、世界有数の優れた食文化を持つ国です。新たに開業するオーナーさんはたくさんおり、しかし実際に広告を導入しようと思うと初期費用や月額利用料が高いのが大きな悩みでした。そして、なんとか掲載を踏み切った場合でも、もっと上位に広告を表示させるにはさらに多くの広告料を支払う必要があります。ここに飲食店が抱える大きな課題があることを知りました。

そこで、私はコストが低く、お店のことをたくさんの人が知る場所を。そして、お店とお客さまを繋げる仕組みが必要だと思いました。それは、お客様だけでなく、お店もハッピーになる価値を創ることでした。

そこで、飲食店の課題である初期費用や月額利用料がかかる高い広告料を、初期費用や月額利用料が一切かからない「完全成果報酬型」にすれば解決できるのではないかと思ったのです。

しかし、私にはもう一つ気になっていることがありました。

それが途上国の子どもの問題です。

私はこれまでにいくつかの途上国へ行ってきました。

そこで見た子どもの状況はとても辛いもので、そうした状況を生み出す背景などを知りました。

このような状況は解決すべき喫緊の課題であり、誰かが動かなければ解決できません。

そして、それは行政やNPO、ビジネスで成功した人だけがやれば良いというものではないと思います。

いまできることから誰もがはじめることが大事なのではないかと思ったのです。

そこで、飲食店の課題を解決する活動と子どもの支援を同時に行う「共通価値を創造する」企業としてテーブルクロスを立ち上げました。

こうした両方を同時に行うことはとても難しいことで、多くの人に反対されました。

なかでも、私たちの活動は飲食店とお客さまを繋ぎ、その結果によって飲食店さまから広告料を頂いています。

この広告料によって私たちの活動が成り立ちますが、しかし、もし私たちがCSRを掲げるならば、利益が出た後に支援をする形になったでしょう。

しかし、小さなベンチャーが利益を出すまでには時間がかかり、さらに景気にも左右されます。

そこで、私たちは利益が出てなくても子どもたちへの支援を行うことを決意し、「一人の予約に対して一食の給食を支援する」ことを決めたのです。

この決断はとても勇気のいることでした。

180円の売上のなかから30円を寄付するのですから16%の寄付率です。

この寄付率はあまりに高すぎる、無謀だと言われました。

実際、大手企業が集まる経済団体では「1%クラブ」というのがありますが、それは経常利益の1%以上を寄付しようという活動です。

そうした常識からすれば、この金額は無謀だと言われるのも無理がないことだと思います。

しかし、企業として活動するにはもっと社会へ貢献すべきだと思いますし、私が見た子どもたちの支援はいまから始めなければ間に合いません。

そこでこのような決断をしたのです。

 

こうした決断には反対する人もいましたが、しかし賛同して下さる方もたくさん現れました。

その中には飲食店さまやお客さま、大学の友人や一緒に活動するNPOの皆さまなど、様々な人たちがいました。

こうした声があって、いまでは例え利益が出ていなくても、やりがいを感じて活動しています。

テーブルクロスの活動はお客さまや飲食店さまの参加があってできるものです。

そしてそうした方々の参加によって、子どもたちへの給食支援ができています。

これは参加して下さったいる方たちが子どもたちへ支援していることと同じことです。

つまり、間接的ではありますが、参加して下さっている方たちが途上国の子どもの問題に関心を持ち、アクションして下さっていることと思っています。

いまはまだ私たちの活動は赤字が続いており、決して持続可能な組織とは言えません。

また、途上国の子どもの問題に関心を持って下さり、アクションして下さる方もまだまだ少ない状況だとNPOの方たちとお話ししながら感じています。

 

しかし、これを変えたい。

そう想って活動しています。

「利益の創造と社会への貢献を同時に実現できる」

このような文化をこの日本で拡げ、それを率先する企業として頑張って行きたいと思っています。

皆さまのこれからも変わらない応援をよろしくお願いします。

城宝ブログ

【10月16日世界…

10月16日は世界食料デー?✨

世界のこどもたちのことをちょっと気にかけ、身近なことから取り組みはじめてみませんか?

世界食料デー当日は、テーブルクロスの城宝も登壇させていただきます。

新しい国際支援のカタチ「テーブルクロス」を通して、金銭的な負担なくこどもたちの給食を届ける方法をご紹介させていただきます‼️️

外食をするときはテーブルクロスを通して「予約」をして、予約した人数分の給食を途上国のこどもたちに届ける身近な国際支援の在り方です?

もしご都合よろしければ、16日のイベントにもお越しください?

 

**********************

■日時:2015年10月16日(金)19:00-21:00(開場18:30)

■場所:3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田6丁目11-14)

【地図】http://www.3331.jp/access/

■プログラム(予定):

19:00 趣旨説明

19:05 開会の挨拶

国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長 M.チャールズ・ボリコ

19:15 プレゼンテーション

19:40 交流タイム

20:00 プレゼンテーション

20:25 交流タイム

21:00 閉会の言葉

<プレゼンター>(五十音順)

齋藤実央さん

1988年生まれ。首都大学東京を卒業後、日本赤十字社に入社し、高校生・大学生を対象とした国際交流プログラムやリーダーシップ研修などを担当。2014年に退職し、渡英。ヨーク大学修士課程にて、市民教育(シティズンシップ教育)を研究。

城宝薫

立教大学経済学部4年。大学3年次に「株式会社テーブルクロス」を設立し、代表取締役社長に就任。飲食店を予約すると人数分の給食を途上国のこどもたちに届ける社会貢献型グルメアプリ「テーブルクロス」を展開中。

高原恵さん

セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)のボランティアコーディネート担当。大学卒業後、企業で勤務を経て2009年7月より現職。国内外から毎週100名以上が参加しているボランティア活動のマネージメントをしている。

田村るみさん

ハンガー・フリー・ワールド ベナン支部・ブルキナファソ支部担当。大学卒業後、メーカー勤務を経て青年海外協力隊員として西アフリカのニジェールへ。2年間の現地活動後に帰国。2010年4月より現職。*他、調整中。「世界食料デー」月間2015呼びかけ団体、9団体の職員も会場にいますので、自由に会話ができます。

■対象 :食料問題や社会問題に関心のある学生、会社員、NGO/NPO職員など

■定員 :50名

■参加費:一般2000円/学生1800円(軽食とフェアトレードコーヒー・紅茶付)

【早割り】10月5日までにお申し込みいただいた方

一般1800円/学生1500円(軽食とフェアトレードコーヒー・紅茶付)

* 学生の方は当日学生証の提示をお願いします。

* 会場内のカフェにて、飲料(アルコールも含む)を追加購入することもできます。

■主催 :「世界食料デー」月間2015呼びかけ団体

◆参加申込み

お申し込みフォームに必要事項を入力してから送信してください。

https://goo.gl/sTvfbA

* 申し込み後、致し方ない理由でキャンセルする場合は10月12日までにご連絡ください。12日以降はキャンセル料が発生します。

◆お問い合わせ

「世界食料デー」月間2015事務局、ハンガー・フリー・ワールド(担当:儘田)

Email:info@hungerfree.net TEL:03-3261-4700

**********************

■「世界食料デー」月間2015ホームページ

ホームページ:http://www.worldfoodday-japan.net/

フェイスブック:https://www.facebook.com/worldfoodday.japan

■「世界食料デー」月間呼びかけ団体

アフリカ日本協議会、WE21ジャパン、オックスファム・ジャパン、国際農林業協働協会、セカンドハーベスト・ジャパン、日本国際飢餓対策機構、ハンガー・フリー・ワールド、緑のサヘル、国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所

■「世界食料デー」月間呼びかけ団体

生活クラブ生活協同組合 神奈川、ユース・エンディング・ハンガー、あじさい鍼灸マッサージ治療院、株式会社テーブルクロス、世界食料デーフェスティバル2015 実行委員会、国連WFP、サルベージ・パーティ事務局、国民生活産業・消費者団体連合会、特定非営利活動法人開発教育協会、TABLE FOR TWO、社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI.jp」、フードバンクにいがた、ROUND POINT CAFE、ちがさき濱田屋、一般社団法人中央ライフ・サポートセンター、NPO法人フードバンクセカンドハーベスト沖縄、西南学院大学国連寄託図書館、フードバンク山口

 

wfd2015_banner2