Cart

お知らせ

Home / お知らせ (Page 3)

【新型肺炎で観光産業に大打撃】 新型コロナウイルスの感染拡大で、好調だった日本の観光が大きな打撃を受けている。 1月27日から中国政府が海外への団体旅行を禁止し、現在は最大の割合を占めている中国人客が2月から減少傾向となることは間違いない。 また、日本政府観光局(JNTO)が発表した2020年1月の訪日外国人客数(推計値)は、新型感染症の影響を大きく受ける前にも関わらず、前年同月比1.1%減の266万1000人で、前年を下回るのは4カ月連続。 日韓関係の悪化を受け、韓国からの訪日客数が59.4%減と、大幅に減少したことが影響した。 長らく東アジアへの旅客依存を続けてきた日本の観光産業が傾き始めている。 その一方で、注目したいのが、欧米豪からの旅行客。 欧米豪客は前年同月比11.9%の伸び率で、特に注目したいのが豪州からの客数で、2020年1月の結果は前年同月比 5.2%増の 85,300...

株式会社テーブルクロス(東京都新宿区、代表取締役:城宝薫)が提供するフードツーリズムプラットフォーム『byFood.com(バイフードドットコム)』は、編集アシスタントを募集開始いたしました。 『byFood.com(バイフードドットコム)』は、欧米豪を中心とした訪日外国人向けに、料理教室やグルメツアー、テイスティングイベントなど、食に関わる体験(エクスペリエンス)を販売しているプラットフォームです。訪日の目的の上位を占めているのが飲食だとする調査結果もあるように、フードエクスペリエンスはインバウンド業界のなかでも注目されるコンテンツです。   サービスページ - https://www.byfood.com/ 会社概要...

  持続可能な開発目標  日本でもようやく一般的になってきた「SDGs」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろうか。どこかの企業の取り組みをぱっと思い出す人もいれば、胸に輝くカラフルなバッジが頭をよぎる人もいるだろう。SDGsとよく聞くが、いまいちわからないという人もまだまだ少なくない。  「SDGs(エスディージーズ)」は、2015年9月に開催された「国連持続可能な開発サミット」で、193カ国の合意のもと決められた国際社会共通の目標だ。2030年までに達成すべき17の目標が設定されており、日本では経団連や経産省などが旗振りをし、大手企業を中心にビジネスの本業の中でSDGsに取り組むところも増えている。というものの、中小企業からはどのようにして企業の経営戦略へのSDGsの組み込みをしていけばいいのか、やったほうがいいとは思うが実際のイメージが掴めない、と困惑の声が聞かれるのも確かだ。 インバウンド  最近の日本でよく聞く言葉がもうひとつある。それは「インバウンド」。「外国人が日本を訪れる旅行」のことを指しており、日本語では「訪日外国人旅行」「訪日旅行」と置き換えられる。  これほどまでに注目されるワードとなった背景には、安倍総理を議長とする「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」にて、2020年に訪日外国人旅行者数を4000万人に、2030年には6000万人に増やす目標が掲げられたことがある。同時に、訪日旅行客による旅行消費額については、2020年に8兆円、2030年には15兆円まで拡大することを目指すとして、日本の経済を大きく成長させるインバウンド市場で需要を取り込もうと、様々な事業者が知恵を絞っている。   フードエクスペリエンス  そんな2つのトレンドを盛り込んだサービスがある。その名も「byFood.com(バイフードドットコム)」。 訪日外国人向けに、料理教室やグルメツアー、テイスティングイベントなど、食に関わる体験(エクスペリエンス)を販売している。訪日の目的の上位を占めているのが飲食だとする調査結果もあるように、フードエクスペリエンスはインバウンド業界のなかでも注目されるコンテンツだ。  日本各地のホストと呼ばれる事業者と連携し、300以上ものエクスペリエンスを掲載する「byFood.com」には、実際に欧米豪を中心とする訪日旅行客が日本ならでは体験を求めてアクセスする。最近では、東京の原宿に店を構えるラーメン店と共に開発をした“100ドルラーメン”が爆発的ヒットとなり、10組以上の予約が入る日もあるという。    と、ここだけなら普通のインバウンド向けサービスだが、それだけで終わらない。まず、SDGsとの掛け合わせとして、訪日旅行客がエクスペリエンスを予約するだけで購入金額の一部がチャリティになるプロジェクトをし、国内外のこどもたちの支援をしている。「 Food for...

バングラデシュ・チッタゴンの子どもたちへの制服支援  [ESA] バングラデシュ・チッタゴンから船で1時間のチャーラキア村は、典型的な農村です。 村の大半が小作人であり、村の問題は以下があげられます。 ①小作人は地主に払うお金(土地代・苗・肥料・水)の負担が大きい ②サイクロンや洪水の影響で畑が浸水するため、収穫ができないことがある ③村の人は都市からかけ離れた生活を送っている 以前、チャーラキア村には学校がなかったため、子供達は4km離れた小学校に通っていました。 2004年、ESAはチャーラキア村にjonaki学校を建設しました。 ESAの使命は、この農村の子供たちに教育を求める権限を与え、 学生に教育の機会を提供するだけでなく、村全体が貧困から抜け出す機会を提供することでした。 はじめ30人だった生徒は300人に増加し、村の中心的存在となりました。 ほとんどの生徒は中学校に進学。今年はjonaki小学校卒業生で初めての大学進学者が出ました。 2月、byFoodはNGO...

株式会社テーブルクロス(東京都新宿区、代表取締役:城宝薫)が提供するフードツーリズムプラットフォーム『byFood.com(バイフードドットコム)』は、2020年2月19日(水)に初の主催セミナーを広島県で開催することをお知らせいたします。 『byFood.com(バイフードドットコム)』は、訪日外国人向けに、料理教室やグルメツアー、テイスティングイベントなど、食に関わる体験(エクスペリエンス)を販売しているプラットフォームです。訪日の目的の上位を占めているのが飲食だとする調査結果もあるように、フードエクスペリエンスはインバウンド業界のなかでも注目されるコンテンツです。 また、同社は訪日旅行客がエクスペリエンスを予約するだけで購入金額の一部がチャリティになるプロジェクトにも取り組んでおり、国内外のこどもたちの支援を通して、SDGsの達成にも貢献しています。会社としての寄付額は2019年12月末までに760万円を越え、SDGsカンパニーとして受賞するなど評価を高めてまいりました。 本セミナーでは、「欧米豪から年間1万人以上の旅行客を呼び込んだSDGsカンパニーが直伝!インバウンドセミナー」と題し、インバウンド市場の最新情報や新しい観光資源を誘致するのではなく、既存の食文化に体験という視点を掛け合わせ、「ここだけしか体験できない」という付加価値を付けたコンテンツを開発する方法、佐賀県や福岡県などの自治体と連携し行ったPRマーケティングの事例紹介など、インバウンドセミナー初心者の方から、インバウンド関連事業に取り組む方、そして社会貢献や地域活性に尽力されている方まで、あらゆる方がご参加頂ける内容となっています。   【イベント概要】   主催/株式会社テーブルクロス 日時/2月19日(水)16:00〜17:30(15:30 受付開始) 会場/おりづるタワー10階「エソール広島」会議室 〒730-0051 広島市中区大手町一丁目2-1...

ネット動画で世界に拡散 来日する外国人から、1日に12件もの予約が入るラーメンがある。 贅沢な和牛テールと牛骨のクリーミーで濃厚な白湯スープ。 そこにA5ランクの和牛ステーキや霜降り和牛のすき焼きがたっぷりと乗り、 トリュフオイルと仕上げの金粉が幸福度を高める。 そして味変アイテムとしてフォアグラムースを溶かし入れれば、 また表情の変わったラーメンへと変身する。 豪華なラーメンの価格は、なんと1万円超え。その名も100ドルラーメン。 日本で最も高価なラーメンとしてネット動画で取り上げられると またたく間に話題となり、このラーメンを求めて来日を決める外国人が 現れるほどだ。       動画は2ヶ月で270万回再生以上を記録     普通のラーメン店がインバウンド対策を 提供するのは、渋谷区神宮前にあるNoodle Stand Tokyo(ヌードルスタンドトーキョー)。 もともと美味しいラーメンを安心して食べられる...

インド・ダージリンの子どもたちへの支援報告書 [ESA] ダージリンと言ったら「紅茶」。ダージリンは紅茶畑が一面に広がり、ヒマラヤ山脈を望む標高1600メートルにある街です。そこにはグルカ族というネパール系民族が住み、労働者として働いています。 2017年、言語闘争に端を発した3か月以上に及ぶストライキがダージリンで起きました。茶園も閉鎖され、商業活動も完全に停止、紅茶農園も閉鎖されたため、日雇い労働者が大半を占めるダージリンでは、人々の生活に大きな影響が出ました。それから2年が経ちましたが、一度落ち込んだ経済がもとに戻るまでには想像以上の時間がかかります。特に農村部ではその影響が大きく、子どもたちの栄養状態も悪化しています。     ESAはこれまで、ダージリンの学校は生徒数が多いこと、給食を調理するスペースがないことから、通常給食支援を実施していませんでした。しかし、ストライキの影響が続く中、2019年度に限り、ダージリン農村部にあるノートルダム校で子どもたちの栄養補給のためにビスケットやゆで卵を提供したい、との要請がありました。来年以降は支援に頼ることなく食料を確保できるように「生活向上プロジェクト」*1も同時に実施していますが、当面の子どもたちの健康のために、緊急支援*2の延長として依頼がありました。 ⋆¹「生活向上プログラム」 ノートルダム校の保護者の中でも生活に困っている世帯に、豚や牛、ヤギを買う代金を貸与。1年間飼育後に売却した金額から貸与金を学校に返金、残った売上で子どもの教育費や自分たちの生活費を捻出させるよう指導しているプログラム。 ⋆2「緊急支援」2017年に起きたストライキでは、ダージリン全体の経済が止まり、子どもたちは目の前で繰り広げられる銃撃戦などで大きな精神的打撃を受けた。ESAはそういった子どもたちを元気づけるための緊急支援を実施。食べることすらできなかった子どもたちに簡易給食などを配布した。 このプロジェクトで、学校に通う子供達の笑顔が増えたことは間違いありません。 また、生徒の両親は利益をもらうだけではなく、自分たちが創造的にお金を稼ぐために多くを学ぼうと努力をしました。これは、彼らが家族を築き上げていくことにも繋がりました。 昼食を知らせるベルが鳴ると、子供達は一斉にクラスごとに卵のトレイを取りにいきます。彼らがより良い健康を意識し、昼食から栄養を取ることが可能となりました。彼らの両親もこのプロジェクトに非常に感謝しています。 皆様の支援のおかげで、インド・ダージリンの子供達が学校に通うことができています。 皆様の温かいご支援とご協力をありがとうございました。     <学校情報> インド・ダージリン ノートルダムスンブック校    350名 ノートルダムカインジャリア校  580名   <このプロジェクトの特徴> 他の給食支援とは違い、経済状況の悪化に伴う一時的な緊急支援としての給食支援であり、来年度以降は、自立を目指して収入増プロジェクトにも力を入れている点。   <必要経費> カインジャリア校 35,028INR/month スンブック校   21,960INR/month 合計       56,988INR×1.8円=102,578円/1か月   (詳細) 【1】ノートルダム カインジャリア校 生徒数:580人 卵1個4.8ルピー×580人=2,784ルピー(1回の給食代) 2,784ルピー×3日/週×4週/月=33,408ルピー 運送代:1,800ルピー/月 合計:35,208ルピー 【2】ノートルダムスンブック校 生徒数:350人 4.8ルピー×350人×3日×4週+1,800=21,960ルピー...

「日本で最も高価なラーメン」が登場!ネットでは驚異の3日間で130万回再生超え  株式会社テーブルクロス(本社:東京都新宿区、代表取締役:城宝薫)は、原宿にあるラーメン「Noodle Stand Tokyo」とコラボラーメンを共同開発し、発売を開始したことを2019年11月14日に発表いたしました。 今回の企画は、同社が運営する訪日外国人向けに食体験の販売を行うプラットフォーム「byFood.com 」上で提供されるコンテンツのひとつです。開発されたラーメンは、A5ランクの和牛を300g使い、トリュフオイルやフォアグラのムース、そして金箔がトッピングされた「東京で最も高価なラーメン」、題して“100ドルラーメン...

海外ではありえない「生食」体験を共同開発! 紹介動画は90万回再生超え!? 株式会社テーブルクロス(本社:東京都新宿区、代表取締役:城宝薫)は、訪日外国人向けに「生食体験 ツアー」をアトラク東北株式会社と共同開発し、2019年11月17日(日)から発売を開始いたしました。 今回の企画は、同社が運営する訪日外国人向けに食体験の販売を行うプラットフォーム「byFood.com」上で提供されるコンテンツのひとつです。 仙台で体験ができるこのフードツアーは、生の馬肉、生の牛肉、生の鶏肉、さらには生のサメの心臓など、豊かな自然があるなかで生まれた「生食文化」という観光資源に焦点をあて、作られました。 海外では生食は普及しておらず、生の卵や魚には細菌や寄生虫がいる恐れがあり、食中毒のリスクがあ るということから、「生=危険」と考えられています。 そういった既成概念を少しでも解消すべく、世界的に有名なYou Tubeチャンネルである「Best Ever...

ja日本語