【続けること】

コラム

こんにちは!休日担当のなっちゃんです(^^)/

だんだん暖かくなり、都内では桜が咲き始め、早いところではもう満開なんてところもあるみたいです🌸

テーブルクロスの社内でも、「お花見したいねー」というお話で盛り上がっています🌸🌸

Image_0498a7f

さて、本日は「支援を継続すること」について、少しお話したいと思います!

私は高校生の間に東北の復興のお手伝いに2回ほど行きました。

そこでは、地域の方々と一緒にお祭りの運営をしたり、農業や漁業の体験をさせてもらったり、というような活動をしました。

 

Image_42b690d

 

帰りの新幹線の中で「すごくいい体験になったなぁ。また絶対来たいなぁ」と思う一方で、自宅がどんどん近くなり、現実に引き戻されていく中で、「本当にこの先も復興支援に関わり続けられるのだろうか…」という不安もよぎりました。

こうしたもやもやを抱えているときに出会ったのが、テーブルクロスでした。

社長の城宝が語る「ボランティアではなく事業化することで、継続した支援が行える」というCSVの考え方を聞いて、一気に迷いがなくなりました。

支援を継続するためには、それこそ資金も大切ですし、協力してくださる方々も必要です。

テーブルクロスのような仕組み ―途上国の子供たち、飲食店様、ユーザー様、みんなが幸せになれるような仕組み― であれば、ボランティア活動に参加する少数派の人々だけでなく、社会全体を巻き込んでいけると感じました。

また、学生の中でも「途上国に何らかの形で貢献したい!でも日常生活が忙しくて、現地に行ったりはできそうにない」と感じている方が多いのではないでしょうか?

そうした方々は、ぜひ私たちと一緒に、テーブルクロス学生支部の立ち上げや営業のアルバイトで、継続した支援に関わっていただきたいです!

継続した支援には、たくさんの方々のご協力が不可欠なので、今後もテーブルクロスの応援をどうぞよろしくお願いします(^^)/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。